簡単そうで実はとても奥が深い!水耕栽培に関する豆知識について詳しく解説

当サイトでは簡単そうで実はとても奥が深い、水耕栽培に関する豆知識について詳しく解説しています。
土を使わずに植物を育てたい人に役立つ可能性があるサイトです。
鉢が小さくても、植物の根は環境に合わせて成長するので育っていくといわれています。
狭いスペースで植物を栽培したいと考えている際には、利用を検討してみても良いかもしれません。
土を用いずに水と液体肥料で育てる方法でも、肉厚なナスを育てることもできます。

簡単そうで実はとても奥が深い!水耕栽培に関する豆知識について詳しく解説

水耕栽培を始めたいためまずは知識を仕入れようと考えている人もいるのではないでしょうか。
水耕栽培は室内でも本格的な葉物・実物野菜を育てられるのが魅力です。
ただし土を使用する場合よりも、初期費用や電気代などのコストがかかる傾向があります。
水耕栽培はレタスを始めとした葉物野菜の栽培には向いていて、比較的簡単に作ることができます。
しかし土がないため、現在のところ水耕栽培では根菜の栽培が出来ないのも特徴です。

水耕栽培にも実は国家資格があり水耕栽培士と水耕栽培インストラクターが取得できる

昨今の日本では、若い世代の間で農業が密かなブームとなっています。
自分たちが毎日食べている野菜を作り、それを収穫する楽しみに生き甲斐を感じる方も増加をしています。
都心部では畑にある広大な土地を買い求めるのは難しく、空き地はすべて宅地となってるため、貸農園を見つけるのも難しいものでしょう。
そこで活用が出来るのが水耕栽培であり、昨今ではホームセンターなどでコンパクトな水耕栽培キットも販売をなされています。
簡単に水耕栽培の概要を解説すると、日本では1960年代頃から葉物野菜で実施をされるようになりました。
以前は埼玉県や長野県に水耕栽培を実施していた農家が多かったのですが、今では都心部の倉庫などを活用して野菜工場というスタイルで運営を実施されています。
この栽培をするには、実は国家資格があり、栽培に必要な土の配合をしたりインストラクターとなって指導をすることも可能です。
国家資格は農林水産省の認可となるものです。

水耕栽培で育てても土壌で育てた場合よりも栄養価が高い野菜がある

日本食品標準成分表2020年版(八訂)によると、水耕栽培のレタスと土壌栽培のレタスの成分表示が掲載されていることからも、レタスの育て方による成分の違いが記載されています。
そこで水耕育成と土壌育成のレタスのアミノ酸組成を見ると、人間の体をささえる20種類のアミノ酸の代表とされている、トリプトファン、アルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸などのいずれも水耕レタスのほうが多く含まれています。
アミノ酸組成形の表示においても、水耕レタスは100g当たり700mgの一方で、土壌レタスでは550mgです。
このことからも水耕栽培で育てた野菜は、栄養価の高い場合があります。
近年の水耕栽培の技術は飛躍的に向上していますので、最新のデータを活用しながら育成するため、無農薬で栄養価の高い野菜作りが出来る時代になっています。
水耕栽培の野菜のほうが栄養価が高い場合があること知っていると、買い物の際にお得な商品選びにつながります。

水耕栽培を行うのに丸形よりも角型の容器のほうが栽培には適している

水耕栽培というものをご存じでしょうか。
昨今では幅広い年代の方が実施をされており、「おうち時間」を満喫する際のツールにもなされているほどです。
ホームセンターやネット通販で専用キットも販売をされており、初心者でも気軽に始めることが可能です。
ここでは簡単に、水耕栽培を始めるポイントをご紹介しましょう。
まずは容器を手に入れないといけません。
容器の形は丸形よりも角形の方が栽培に適しています。
理由はしっかりと植物の根を張らすことができ、生育を促しやすいからです。
丸形だと体積が小さくなるため、その分値が張らないわけです。
水耕栽培では一切、土は使いません。
水のみで苗から育てることになるため、定期的に水を入れ替える作業も必要となります。
容器の形は水の取り換えにも大きく作用をしており、手に持ちやすい・洗い易い形状のものを選ぶようにします。
それらを踏まえると、角形の方が利便性に長けており、お手入れもし易くなっているわけです。

水耕栽培を始める前に必ず容器を消毒すること

水耕栽培は土を使用せずに植物を育てることが出来る手軽さから、自宅で野菜づくりを始めたいと考える人達から熱い注目を集めています。
簡単に水耕栽培が出来るように栽培キットも発売されていて、ガーデニングや野菜づくりをしたことがない人でも始めやすいと人気が広まっています。
水耕栽培はその名の通り、水と溶液と呼ばれる液体肥料を使用して栽培する方法です。
水を多く使用した栽培となり、アオコと呼ばれる藻が発生しやすいです。
菌の繁殖によってアオコが増えて大量に発生してしまうと、水質が悪くなり肥料を吸いづらくなるといった悪影響が出やすいです。
水耕栽培を始める前に容器を消毒すると、アオコの繁殖を防ぐことが出来ます。
またこまめに水を取り替えることや適度な水の量を守ることなども意識してやると、衛生的に栽培が出来るのでおすすめです。
初心者の人は栽培キットを購入して、まずは始めてみると良いでしょう。
楽しみながら、植物や野菜や果物を栽培することがとても重要です。

水耕栽培に関する情報サイト
水耕栽培の豆知識

当サイトでは簡単そうで実はとても奥が深い、水耕栽培に関する豆知識について詳しく解説しています。土を使わずに植物を育てたい人に役立つ可能性があるサイトです。鉢が小さくても、植物の根は環境に合わせて成長するので育っていくといわれています。狭いスペースで植物を栽培したいと考えている際には、利用を検討してみても良いかもしれません。土を用いずに水と液体肥料で育てる方法でも、肉厚なナスを育てることもできます。

Search